みなさんは「あとで読むサービス」って使ってますか?

インターネット上の記事やメディアを、
あとで読むために保存しておいたり、ブックマークしておけるサービス
です😎

「あとで読むサービス」を使えば、ペンを取り出さなくても、リンクをコピーしなくても、ワンクリック or ワンタップで記事やメディアをブックマークしておくことができます🙌

ブックマークした記事を通勤中🚋に読んだり、プライベートタイム🗿に動画や画像を見てみたり~。
使い方はいろいろですね。

また、一部の「あとで読む」サービスは記事をまるごと保存しておけるので、記事の掲載期間が切れて サイト上で見れなくなったとしても、保存した記事を見ることができるんですね🎶

ここでは、2018年現在特に使われている「あとで読むサービス」をご紹介します。

Pocket

2,100万人以上が利用するオンラインブックマーク

基本情報
サービス提供開始日 2008年8月
日本語対応 対応
対応端末 Web, Android, iOS, Mac
料金プラン 無料, ¥500/月, ¥4,500/年

タイトルには「Pocketだけじゃない!」とありますが、比較のためにも紹介いたします💫

Pocketは2012年にサービス名が変更されたサービスで、もともとは「Read It Later」と呼ばれていました。
直訳すると「あとで読む」ですね。

なんといってもユーザー数がとても多いです!2015年時点で1,700万人✨とか。
サービスとしての規模も大きいので、Webブラウザやスマートフォン等、大体の端末からアクセスできます🙆

👁️‍🗨️Pocketのオススメポイント

✅ ユーザー数が圧倒的に多く、動作も安定している。

✅ Web版もアプリ版も日本語化されているため使いやすい。

✅ オフラインになっても記事が読める。(アプリ)

もっと詳しくみる

Instapaper

2007年に登場したシンプルな「あとで読む」サービス

基本情報
サービス提供開始日 2008年1月28日
日本語対応 一部
対応端末 Web, Android, iOS
料金プラン 無料, $2.99/月, $29.99/年

実はPocketよりも早く登場したInstapaperです。こちらも海外ではかなり人気です。

サービス名にpaperという言葉がある通り、紙に書かれた文章を読むような感覚で文章を読むために、さまざまな仕組みが用意されています。

例えば、任意で文字のサイズを変更したり、フォントをプロ仕様のものに変更したり、
背景を黒ベースの色にすることができるので、長時間見ていても目が疲れないような配慮がされています。

記事の気になるところには蛍光ペンでマークを付けたり、付箋を貼ったりといった機能もあります。

👁️‍🗨️Instapaperのオススメポイント

✅ 読みやすさに配慮。自分好みに背景やフォントを変えられる。

✅ 記事に蛍光ペンでマークを付けたり、メモを加えられる。

もっと詳しくみる

Flipboard

ネット上の記事やサイトをまとめて雑誌形式で共有

基本情報
サービス提供開始日 2010年1月
対応端末 Web, Android, iOS, Windows
料金プラン 無料

Flipboardは、PocketやInstapaperとは一風変わったサービスです。

このサービスも、記事やWebサイトを「あとで読むために保存する」といった部分は同じですが、
目的は、記事やWebサイトを雑誌のようにしてまとめる☝ことです。

作成した雑誌は他のユーザーに共有することができるので、自分の好きなコンテンツ、例えば猫に関する記事だけをまとめた「😺猫マガジン」を作ったりすることができます。

実際、お気に入りのコンテンツや商品を紹介するために、
他のユーザー向けに公開されている雑誌が多数あるようです。

記事は画像やテキストが抽出されて、きれいにまとめられるので、オシャレな印象✨も見受けられます。

👁️‍🗨️Flipboardのオススメポイント

✅ 好きな記事をマガジン風にまとめられる。

✅ まとめた記事を専用ページで公開できる。

もっと詳しくみる

Diigo

研究用途にも使用できる多機能ブックマークサービス

基本情報
サービス提供開始日 2006年7月4日
対応端末 Web, Android, iOS
料金プラン 無料, $40/年, $59/年

Diigoは、ブックマークサービスとして非常に優秀で、多機能です。

記事の任意の位置に蛍光ペンでマークを付ける、メモを残すなどはもちろん。
Web上のPDFファイルに対してもこれらの機能が対応🙆しています。

有料プランですが、ビジネスや研究目的での利用を想定して、記事のコレクションやメモをグループの他のユーザーと共有することができます👀

元記事が削除されたかどうかに関わらず 確認できるように、
オンラインストレージに記事を保存することもできます。(有料プラン)

👁️‍🗨️Diigoのオススメポイント

✅ 記事に蛍光ペンでマークを付けたり、メモを残すことができる。

✅ グループでブックマークを共有できる。

もっと詳しくみる

Evernote

どこからでも簡単にノートに記録、整理、共有

基本情報
サービス提供開始日 2008年6月24日
対応端末 Web, Android, iOS, Windows, Mac
料金プラン 無料, \5,200/年

evernoteは、厳密には「あとで読むサービス」ではありません。

ノートを記述したり、整理したり、共有するためのサービスで、
機能の一つに、記事や Webサイトをノート形式で保存する機能があるのです。

保存した記事は、基本的には そのままの状態でevernoteのサーバー上に保存されます。
そのため、元記事が削除されても evernote上から記事が確認できるのです😎

無料ユーザーにはストレージ容量や利用できる端末数などの制限がありますが、
基本的な機能面で大きな違いはないため、とりあえず使ってみて
ストレージ制限に引っかかるようなら、有料プランを考えてみるのもアリだと思います。

👁️‍🗨️evernoteのオススメポイント

✅ 記事をまるごとクラウド上に保存するので、元記事が削除されても見ることができる。

✅ 保存した記事は文章を変えたり、マークングしたり自由にできる。

もっと詳しくみる

Google ブックマーク

Googleが提供するとにかくシンプルなブックマークサービス

基本情報
サービス提供開始日 2005年10月10日
対応端末 Web
料金プラン 無料

最後に紹介するのは、これまでのサービスとは比べ物にならないくらい「シンプル」なサービスです。

Googleが提供しているブックマークサービスで、Googleのサービス一覧に載せられていないぐらい、影の薄いサービスです…。
それでも、2005年から安定して稼働しており、古くから利用しているユーザーも一定数いるようです😋

単にURLを登録する機能の他、ラベル付けして絞り込むなど、最低限の機能はサポートしています。
一般的な「あとで読むサービス」が機能過剰に見える方には、こちらのサービスの方が良いかもしれません。

👁️‍🗨️Googleブックマークのオススメポイント

✅ 必要最低限の機能しかない。つまり無駄がない。

✅ ブックマークレットを使えば、ブラウザからワンクリックでブックマークできる。

もっと詳しくみる


以上、Pocketだけじゃない!Webで使える「あとで読むサービス」ベスト6選でした❗
気になるサービスはありましたか❓

WebService Loveでは、最新のWebサービスをデータベースに登録して、さまざまな情報をまとめています。
「あとで読むサービス」も多数登録されているので、下のリンクからぜひ覗いてみてください。

タグ「あとで読む」が付けられたWebサービス(件)